パート収入

家計のやりくりなどのために、パートタイムで働く主婦は多いです。もちろん給与所得者の妻の扶養者となり、パートで働く夫もいますが、分かりやすく説明するために主婦のパートとします。妻がパートで働く場合、妻自身の住民税、所得税と社会保険料の負担、夫の配偶者控除、配偶者特別控除のしくみを知っておく必要があります。パートをすることにより、一定額以上の年収を得ると、税金と社会保険料の支払い義務が生じます。パート所得が給与収入の場合、年収が100万円を超えると住民税の支払い義務が、103万円を超えると所得税の支払い義務が生じます。130万円以上になるとさらに社会保険料の支払い義務も生じます。パート収入が事業収入の場合は、所得金額が35万円を超えると住民税の、38万円を超えると所得税の支払い義務が生じます。夫の所得税に対する配偶者控除、配偶者特別控除については、妻の年収が103万円までなら38万円の配偶者控除が認められます。妻の年収が103万円以上141万円未満で、夫の年収が1000万円以下なら配偶者特別控除が認められます。配偶者特別控除は妻の収入に応じて段階的に少なくなります。また、夫がサラリーマンの場合は、妻の年収により、それまで支給されていた扶養手当てが支給されなくなることもあるので注意しましょう。このようなことから、せっかく妻が働いても世帯収入が減ってしまうこともあります。どのような働き方が一番いいか、よく思案しましょう。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー