源泉徴収

申告納税が建前となっている所得税においては、所得の支払者が所得税を徴収して納税する、源泉徴収制度が採用されています。この源泉徴収された所得税は、年末調整により清算されます。年末調整できなかった分は確定申告で清算されます。サラリーマンの給与からの税金天引きが、最も典型的な源泉徴収の例です。具体的には会社など所得の支払い者が、一定の所得税額を支払いの際に税務署に代わって徴収する。会社などの所得支払い者は、源泉徴収義務者と呼ばれ、徴収し納付すべき税額を納めない場合には、その税額は源泉徴収義務者から徴収されます。またその月に支払った給与所得から源泉徴収した所得税は、原則として翌月10日までに国に納付しなければなりません。月々の給与から源泉される所得税は、給与所得の源泉徴収税額表を適用して求められ、ボーナスに対しては、賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表が適用されている。給与年収が2000万円を超えるサラリーマンに対しては、年末調整がなされず、確定申告が必要となる。サラリーマンには必要経費が認められていないように考えられていますが、勤務に必要な経費概算として給与所得控除が認められ、給与収入からこの給与所得控除額を差し引いたものが給与所得となって、税額が算定されています。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー