ポイントカード

ポイントカードは小売店が購買額や来店数に応じて消費者にポイントを与え、一定のポイントに達したら商品や買い物券などと交換するシステムです。新規客を再来店させたり固定客の来店頻度を増やすために有効とされています。スタンプやシール、手書きによる方式は従来からありましたが、最近は磁器カードを採用するところが増え、顧客管理のためにカードにID機能を持たせることも多い。また、クレジットカードやキャッシュカードと組み合わせて利便性を高めるケースも増えています。百貨店、商店街、ショッピングセンターなどの小売店の集積体が顧客を固定化するために使用することも多く、競争の厳しい家電量販店の大手では、ポイントカードで、買い物金額の5%の金額を還元するという割り引きサービスを行なってますが、期限限定の10%還元サービスなども競って展開しています。衣料品店、ガソリンスタンド、ファーストフード店などでも低価格追求の有効手段として活用されています。百貨店でそれまで禁止されていた、買い上げ金額に応じた景品引き替えが解禁されたのは96年のことです。いろんな店のカードが次々と増え、数えてみると数十枚という人も少なくないようです。とてもサイフに入りきらず、専用のカードケースに入れている人も見かけます。せっかくなので、還元率や入会金の有無、有効期間、使える店鋪制限など、カードによって異なる使い方をマスターして大いに活用しましょう。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー