高額医療費貸付制度

高額医療費貸付制度は、大きな手術などで医療費が高額になったときに、資金を無利息で貸してくれる公的な制度です。健康保険などの公的医療保険制度は、1ヶ月当たりの患者負担に一定の上限を設けていますが、患者はいったん病院の窓口で支払いを済まさなければ成りません。上限を超えた分は3〜4ヶ月後に還付されますが、病院の窓口に支払う額はかかった医療費の原則3割。数十万円になることもあります。そこで、いわば繋ぎ融資として利用できるのが高額医療費貸付制度です。ただし一部で実施していない保険組合もあります。政府管掌健康保険加入者ならば貸付額は還付される金額の8割。申し込むと10日前後で患者の口座へ振込まれます。返済は上限制度により還付金が支払われた後で良いです。政府管掌健康保険の加入者の場合、健康保険事務所など。勤め先に健康保険組合のある場合は、組合事務局。自営業者は市町村の窓口へ。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー