電子マネー

ビットワレットが運営するプリペイド型電子マネーは、実際の通貨を使わず、一定の金額を非接触型ICチップフェリカに充填することにより、プリペイドカードのように電子情報のみで利用することができる。仮想通貨です。Edyと呼ばれています。Edyの利用はコンビニエンスストアやコーヒーショップのチェーン店のほか、社員証、学生証などの形でも急速に増加しつつあります。2005年4月末に発行枚数が1000万枚を突破し、使用可能な店鋪も2万店に増加しました。あらかじめ専用端末に入金しておけば、支払いの際は、読み取り機にかざすだけでよい。瞬時に支払いが完了する便利さに加えて、ポイントサービスなどの特典を提供する企業が多いことも利用を増やす理由になっています。航空会社との提携によりマイレージがつく仕組みもあり、Edyを搭載している携帯電話も登場しています。一方、JR東日本のICカードスイカにも同様の電子マネー機能が追加されています。2005年4月現在、発行枚数1201万枚のうち685万枚が電子マネー機能を持ち、使える店鋪数は現在、関東圏、仙台圏の駅ナカ、駅ビルの店鋪を中心に1000以上あり、他の地域においても急速に展開しています。駅の券売機などで購入し、やはり、駅の券売機・清算機で入金できる利便性に加え、JR東日本のクレジットカード、ビューカードでチャージすると、ポイントが3倍になるお得感を売り物にしています。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー