株式投資

株式投資というとハイリスク、ハイリターンのイメージも強いのですが、低金利時代が続いているということもあり、短期間に資産を増やせる株式投資に興味をもつ人は増えています。株式投資により期待できる利益には、
値上がり益(キャピタル・ゲイン)株価の値上がりによる売却益。
配当(インカム・ゲイン)持ち株に応じて支払われる株主への利益還元。
株式分割 すでに発行されている株式が一定比率で分割されて株式数が増える事。
株主優待 自社製品やサービスの提供。
こうした利益が期待できる半面、投資先が倒産すれば株券はただの紙切れになり、そこまでいかなくても業績悪化などで株価が大きく値下がりする危険もあります。こうしたリスクを減らすための買い方として、ドルコスト平均法というものがあります。これは一定期間ごとに一定金額を継続的に投資する方法で、毎回同金額で買うことにより、金額が高いときは少し、安い時はときは多くの株数を買うことになるため、長く買い続けていれば定量購入よりも平均コストを低減することができます。業種や株価の値動きの異なる企業に分散投資しておく方法もあります。こちらのほうが基本に近いかもしれません。また、長期的視野で大きく成長する企業を探す方法もあります。株式保有のメリットが生きるのはこうした手法でしょう。株式投資にはまとまった資金が必要と考えがちですが、近年は単元株を引き下げる動きがあり、大企業の株も数十万円単位で買えるようになりました。またミニ株取引にすれば、単元株の10分の1単位で売買することも可能です。また、株式累積投資なら、毎月1万円からの一定金額で特定企業の株を買い足していくこともできます。株式投資は証券会社に口座を開設することから始ります。証券会社によって売買に伴う手数料は異なり、証券会社の店頭で取引する場合や専任の担当者がつく場合、手数料はさらに高くなります。自分で情報収集できて売買できる人であれば、格安手数料で取引ができるネット取引がおすすめです。オンライン取引に特化した証券会社は、一般的に大手証券会社よりも手数料が安くなってます。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー