生命保険担保の借金と解約

まとまった金が入り用なときなどは、生命保険会社に借り入れの相談をしてみることもできます。額によっては結構役に立つ場合もあります。さらに、借りる金は自分の積み立てた保険料ですから、極端な言い方をすれば返さなくてもよいことになります。つまり生命保険会社から金を受け取るのは、途中にしろ満期にしろ保険金なので、貸した金額を差し引いて保険料が支払われるからです。保険会社から個人が金を借りるのは、現在契約している保険を担保にすることで、契約者貸付と言われています。会社は申し出のあった時点の解約返戻金の範囲内で貸付けをする。この場合、貸付けを受けた側は会社で定める利率で、複利に計算された利息を支払うことになっています。自分の積み立てた金を利用するのに利息を払うのはおかしいと思うかもしれませんが、貸付金も資産運用の1つとして将来の保険金支払いに備え、他の資産運用と同程度の利率で運用しなければなりません。また、貸付けを受けた契約者と受けない契約者との公平を保つという意味合いもあります。さらには、保険でまとまった金を受ける方法に解約があります。これは一番多く利用されていることですが、解約したら当然その保険は消滅してしまい、保障を考えるとまた新しい保険をかけることになります。その時点では前の契約時よりも年齢が高くなっているので保険料も高く、あまり有効な方法とはいえません。解約返戻金について言うならば、保険種類、保険期間、契約年齢などにより多少の違いがあっても、一部を死亡保険金支払いのため責任準備金として積み立てたり、会社の諸経費にあてたりした残りの保険料を積み立てたものなので、払込んだ保険料よりも少なくなります。また、契約後短期間の払込みや内容の変更後の契約では、全然解約返戻金の無い場合もあるので解約する前には必ずその有無を確かめましょう。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー