保険料が払えないとき

生命保険が普及した現在においても、保険料の払い込みが負担になり解約してしまう人は多いようです。また保険料が滞っている間に失効になり、そのままにしておく人もいます。保険料が負担になった人の多くが契約時に問題があるようですが、きちんと目的や契約を持って契約した人でも、長い払い込みの間には思いもよらない事態が起きて、保険料の払い込みに支障をきたさないともかぎりません。また急な出費が重なり、短期間だけ保険料が払えないという人もいます。この場合すぐに解約を考えず保険の内容を変えてみる事もできます。少しの間どうにかなればまた支払いができる状態なら、手持ちの保険の内容を調べてみましょう。その保険に解約返戻金があれば会社が立替払いをしてくれるからです。ただし、立替払いができるのは、その保険の解約返戻金で保険料とその利息をまかなえる間だけです。これを自動振替貸付といいます。保険料の払込みは苦しいが、保障がなくなっては心配ということであれば、そして手持ちの契約に解約返戻金があるときは、払済保険に変更するとよい。変更後一切保険料を払わずに保障と満期保険金が得られます。つまり、変更時点の解約返戻金を基に保険期間を変えずに一時払いの養老保険、または、元契約と同じ保険に切り替える制度です。また保障だけを残したいときには延長保険もあります。これは払込みを中止し、その時点の解約返戻金で保障を変えずに一時払いの定期保険に切り替えるものです。返戻金の額により期間が変わるが返戻金の多い場合は満期のときに生存保険がでる場合があります。ただし、この2つとも元契約に付いていた特約は、変更のときに消滅します。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー