生命保険に入れない人

普通に仕事ができて生命保険に入れないというのは極めて稀です。生命保険は本来契約者相互の公平を保つのが原則なので、会社は不良な契約が混入しないよう、被保険者の健康状態、現在たずさわっている職業の内容について、また保険を悪用されないよう、契約にさいしては特に注意を払っています。それで、危険度の高い職業にたずさわっている人や、健康状態の良くない人の契約の場合、特別の条件をつけることにしています。会社は告知内容や診査の結果、または確認のために行なう生存調査など、多くの情報を集め、それに基づいて契約を断ったり、特別の条件付けて契約を認めています。特別条件付契約にはその危険度の性格や、度合いに応じて保険料を割増する方法と、保険料を削減する方法とがあります。割増契約料とは、同じ年齢、同じ種類、同じ保険金の契約でも、一般の人の契約より保険料が高いので割増の額は危険の状態によって異なります。保険金額削減とは、申し込みの保険金額よりも少ない額で契約を認めることです。この契約の場合、会社が責任を開始するのは、契約者が会社の付けた特別条件を承認した日からということになっています。このように契約の選択は会社が行なうことになっており、被保険者は告知欄、または申告書に職業、健康状態をありのまま具体的に記入するか、診査のとき医師に伝えれば良いので、一般の契約とさほど変わりません。危険な職業や、身体状況などをあからさまに言ってより条件が悪くなると考え、あいまいな答えをすると調査の結果、かえって悪い条件が付いたり、違反が問われたりするのですべて正確に答えた方が無難です。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー