ホワイトカラーエグゼンプション

ホワイトカラーエグゼンプションは、時間労働という概念をなくし、純粋にそれぞれの仕事の成果に応じて、賃金を支払う仕組みのことをいいます。その対象となる社員は、労働基準法に定められている1日8時間、週40時間の法定労働時間を超えて仕事をしても、残業代は一切支払われなくなります。中身について見ると、最大の焦点は、制度が適用される労働者の条件です。
労働時間だけではその成果を適切に評価できない業務に就く人。
権限と責任を相当程度伴う地位に就く人。
仕事の進め方や時間配分に関して上司から指示されない仕事に就く人。
年収が相当程度高い仕事に就く人。
この制度の適用は、これら4つの条件を満たす労働者に限定するとされています。また、長時間労働の助長を防ぐため週2日以上の休日確保、健康・福祉確保措置の実施などの条件も明記しています。制度の導入をめぐっては、連合などの労組が、これは残業代を支払わなくてもいい制度。人件費を圧縮したい経営側の意図は明白である。として導入そのものに反対をしています。一方の経済界では、経団連が対象を年収400万円以上とし、幅広い労働者への適用を求める提言をまとめています。厚生労働省の報告書案についても労働時間で個別に条件を決めることを原則とするべきとして、適用条件の厳格化を警戒しています。労使の対立に加え、経済界や部会でも意見に相違があり、今後の調整が難航することは必至です。ただ、ホワイトカラーの労働効率や生産性の向上が重要な課題であることは確かです。また、成果報酬が広がる中、時間を基準とした現在の労働法制が時代遅れとなっているという側面もあります。労組が懸念する単なる人件費削減の手段として悪用されることを防ぎながら、多様な労働形態の道をひらいていくか。慎重な議論が求められています。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー