日常家事債務

妻が夫に無断で多額のローンで高額な家具を購入したとします。こうした借金は、たとえ妻が夫に内緒で組んだローンであっても、日常の家事に関するものである限り、夫婦は連帯して責任を負わなければなりません。これが日常家事債務の連帯責任と呼ばれるものです。戦前では妻の無能力制度というものがあって、妻は夫の許可を得ないで重要な財産上の行為をすることができませんでした。さらに、自分の財産についてまでも夫に管理され、妻は日常の家事について夫の代理権を持つにすぎませんでした。現在の民法では男女平等の原則にもとづいて、夫婦がそれぞれ自分の名で得た財産はそれぞれの財産となり、その管理もそれぞれの別々とする夫婦別財産制を原則としています。したがって、夫婦それぞれの財産については、それぞれに管理、処分する権利があり、借金もそれぞれが責任を負うことを原則としています。ただ、日常の家事債務については、夫婦の共同生活の運営をスムーズにするとともに、取引の相手方の保護を図る必要があるところから例外としています。その結果、妻が勝手に負った借金であっても、それが日常の家事債務であれば、夫にもその支払い責任があり、支払いが滞れば、夫も訴えられたり財産を差し押さえられる危険があるわけです。日常の家事とは、夫婦が共同生活を営んで行くのに通常必要な事柄です。その範囲は、それぞれの夫婦の社会的地位、収入、資産あるいはその地域社会の慣行などによっても異なります。日常の家事の例としては、衣料、食料、家具などの生活必需品の購入、家賃の支払い、医療、子供の教育などが典型的なものです。したがって妻が生活費にあてるためにサラ金から借りたお金は、通常は日常の家事債務となります。ただし、アクセサリーなどの贅沢品や土地の購入などは、日常の家事にはなりません。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー