クレジット契約の注意点

クレジット契約を交わす際は、契約書をよく読み、わからない点があれば店員やセールスマンに尋ね、十分納得した上で署名押印しましょう。お店や営業所での契約は、後で解約したいと思ってもできなかったり、解約できても違約金をとられたりする場合があります。セールスマンの訪問を受けての契約、道路などで外交員に呼び止められての契約などは、訪問販売にあたるので、その日から8日以内であれば、解約することができます。これをクーリングオフといい、悪質な業者にだまされたり、販売員の甘い言葉にのせられて衝動買いをしてしまった消費者を保護するための制度です。また、クレジット契約に多いトラブルとしては、代金の一部を前払いしたものの、契約した機種が品切れとなり、差額を出して高い機種を買わされた、などというケースです。このような場合、業者はモデルチェンジを理由に契約商品を変更をすることはできません。だから、当然消費者は契約を解約することができ、支払った代金と法定利息を受取ることができます。こうしたトラブルを防ぎ、割賦販売の健全化をはかるために割賦販売法が制定されていますが、消費者も計画性をもって買い物をすることを心掛けることが必要です。

家計と暮らし

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー