契約とはどのようなものか

 耐久消費材を購入するために金融機関からお金を借りる、デパートで物を買うときにクレジットカードを使用する、というようなことから、通勤のために交通機関を利用し、タバコを買い、食堂で昼食をとることまで、私達が日常の生活を営むにおいて契約の果たす役割りは非常に多い。契約は、法律行為の一種であり、自由な意思にもとづいて締結され、その内容も当事者の自由に定めうるものとされています。そして、一旦契約が締結された以上、それは守らなければならず、守られなかった場合には、国家権力の干渉によって契約の履行が強制されるのが原則であり、強制的実現が困難なような内容の契約の場合でも少なくとも損害賠償という形式で責任が追及されます。換言すれば、契約によって法的な権利義務の関係が生ずるのです。

スポンサーリンク

 契約は当事者が自由にその内容を定めうるのが原則です。したがって、社会生活が複雑となり発達するにつれて、ますます多くの新しい契約のタイプが創造されてゆくことになります。民法は、一三種の契約について規定していますが、現在社会で行なわれている契約には、民法の規定するこれら契約の二つ以上の性質が混在しているものや、そのどの類型にもあてはまらないような契約もあり、民法上の契約を知っただけですべての契約について理解できたことには必ずしもなりません。そのためには、民法以外の法律で何か定めがあるかないか、判例はあるかないか、などの広い知識が必要です。しかしながら、ここでは、民法上の一三種の契約についてその概要を説明します。ある契約の法的な性質を解明する場合、それが民法上の一三種の契約(典型契約)のどれかに該当するものかどうか、ということがまず基本となるからです。なお、民法上の契約を述べたが、民法が定める契約は大別して財産上の契約と身分上の契約とがあり、後者は婚姻や養子縁組などがそうですが、ここで取り扱う契約は前者であり、それも債権契約、すなわち、ある人に対して一定の行為をなすことを要求しうる権利を生ぜしめる契約についてのみ触れることにします。そして、通常、ただ契約とのみいう場合には、この債権契約を指すことが多い。
 民法の規定する債権契約は、贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇用、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解の一三種です。これらは、その有する性格から、いくつかの類型に分けることができます。
 契約の各当事者が互いに対立する対価的な債務を負担する契約を双務契約といい、一方の当事者のみが債務を負担するか、または双方が債務を負担するがそれが互いに対価として意味をもたない契約を片務契約といいます。売買、賃貸借などが双務契約であり、贈与、使用貸借は片務契約です。双務契約には、同時履行の抗弁、危険負担などが問題となる点に特色があります。
 契約当事者がその契約によって互いに対価的意義を有する出捐(経済的損失)を負担するものが有償契約であり、これがないものが無償契約です。現代では無償契約が機能する場は僅かですが、なお贈与はしばしば行われており問題を生じさせています。無償契約の特徴は、有償契約に比べて契約の拘束力が弱いところにあるといってよいでしょう。
 合意だけで有効に成立する契約を諾成契約、合意以外に物などの交付がないと有効に成立しない契約を要物契約といいます。民法が消費貸借を変物契約とした点に問題が多い。

家計と暮らし
契約とはどのようなものか/ 民法の規定する各種契約/ 通信販売で申し込んだが品物がこない/ 見本売買で違う商品を出されたとき/ 覚書の効力は契約書と同じか/ 契約の申込はいつでも撤回できるか/ 返事がないと契約したものとみなされるか/ 売買契約書の立会保証人の責任の内容は/ 厚生係長の契約で結んだ社宅契約は無効か/ 知らぬ間に本が郵送されてきたとき/ 手付金と内金ではどう違うのか/ 月賦払いで注意すること/ 洋服が注文どおりに出来上がらないときは/ 妻が勝手に買った商品の代金は/ 月賦契約解除で損害賠償を請求された/ 月賦代金の未払いで品物を引き揚げられた/ キズ物を買ったらどうしたらよいか/ 落丁本を買い数年後に気がついたら/ 注文したドレスが式に間に合わないときは/ 盗品と知らずに買ったらどうなるか/ 売掛金を時効にかからせぬ方法/ 代理人が勝手に高利貸から借りたときは/

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー