いつ借金整理を決断するか

 現在、借金をかかえで、このままではマズイと考えはじめている人は大勢いると思います。借金は、いつまでも放っておくわけにはいきません。いつ借金整理をはじめるか、それが問題でしょう。そこで、借金整理をはじめる決断をするときの目安として、どのような点を考慮すればよいか考えておきましょう。

スポンサーリンク

 当初は、保証人を立てていなかったのに、債権者が保証人を立てるように要求してきたり、あるいは、配偶者や、親・兄弟・親戚・友人が保証人であったような場合に、返済が滞って、債権者が保証人にまで請求しけじめたら、借金整理を決断しましょう。
 債務者である自分が破たんしたときには、これらの人たちも、否応なしに巻き込まれてしまいます。親・兄弟や友人たちも、自分と同じような苦労をさせることになってしまいます。
 連帯保証でも、権保証(債務額の借入金にかかわらず限度額を決め、その範囲内で連帯保証をさせる保証のこと)でも、名目はどうあれ、これらの人たちを保証人として要求してくるようになったら、自分にとっても大切なこれらの人たちを守ることを考えなければなりません。保証人が債務者の借金問題に巻き込まれそうになってきたときは、借金整理をはじめる決断をするときです。
 借金を返済するために、新たな借金をしなければならなくなったときは、借金整理をする決断の時です。借金には利息がつきものです。利息が利息を生み、いつの間にか雪だるま式にふくれあがっていくのが、借金というものです。借金の返済のために新たな借金をするようになったら、坂道を急速に転げ落ちていくことになります。
 また、借金を返済するために、新たに借金してくるように債権者からいわれるようになったら、借金整理を決断する必要があります。
 借金問題を先送りにしても、よい結果は出ません。なぜならば、問題を先送りにしたために、一部の強行な債権者にやむなく支払いをしたり、生命保険契約を解約させられたり、場合によっては、配偶者を保証人にしなければならなくなります。結局は、問題を先送りにすれば、それだけ債務を増やす結果にもなりかねません。
 借金整理をするかどうかは、債権者に相談できない性質のものです。債権者は、自分に都合がいいように答えるに決まっているからです。基本的には、利害関係のない第三者に相談するのがよいでしょう。
 では、誰に相談すればいいでしょうか。法的な借金整理の専門家である弁護士が適切であることが多いでしょう。弁護士は、債権債務の全部を把握した上で、どの道が最良か、助言してくれるはずです。
 また、親類や友人に相談する場合でも、自分に耳ざわりのよい答えげかりを求めてはいけません。ときには、耳に痛いことでも、アドバイスには冷静に耳を傾けるべきです。

家計と暮らし
いつ借金整理を決断するか/ 借金整理はどこに相談すればいいか/ 自己破産とはどのような制度なのか/ 自己破産は財産があるかないかで手続きが変わる/ 自己破産するとどのようなデメリットがあるか/ 支払不能になっているかどうか確認する/ 自己破産した場合に日常生活はどうなるか/ 保証人が自己破産することもある/ 破産申立前に準備しておく事は/ 裁判所への申立てにかかる費用はどれくらいか/ 弁護士に依頼するとスムーズに進む/ 自己破産する際の手続き/ 自己破産の申立ての添付書類をそろえる/ 破産・免責申立書の書き方/ 陳述書の書き方/ 資産等目録の書き方/ 債権者一覧表について/ 自己破産の申立後は債権者へ通知する/ 破産審問から破産宣告を受けるまで/ 免責申立と申立期間について/ 免責申立書・債権者一覧表を書く/ 免責の際の陳述書を書く/ 免責審尋を受ける/ 免責が決定されると復権する/ 破産管財人が選任されると管財事件となる/ ローン中のマイホームを抱える人の自己破産/ 業者が自己破産するときは/ 破産財団の換価・配当/ 借金をどう減らすか/ 利息の定めはどうなっているのか/ 出資法という法律/ 悪質な整理屋などにひっかからないこと/ 悪質な取立に臆しないこと/ 貸金業者の違法行為をチェックする/ 任意整理の仕組み/ 特定調停という方法/ 特定調停の申立書を書く/ 個人民事再生という方法/ 個人民事再生にはどのような種類があるか/ 特定調停の費用と時間の点についてはどうなっているのか/ 個人民事再生申立書の書き方/

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー