採用内定を取消されたときの対策は

 A君は、来年春に大学を卒業することになっていますが、先日、ある会社の採用試験を受け、採用内定したのに、しばらくして採用取消しの通知がきました。A君は、採用されたものと思って安心していたので、たいへん困っています。このような場合はどうしたらよいのでしょうか。

スポンサーリンク

 来年春の卒業予定者を、前年の秋のうちに採用決定をすることが、広く行なわれていますが、これを法律上どう理解したらよいかということには議論があります。
 たとえば、将来順調に卒業することを条件として労働契約を締結したものとみるものや、卒業したらあらためて労働契約を締結すべきことを予約したものとみるもの、あるいは特段の事借がないかぎり内定から本採用までの一連の手続全体が労働契約の締結の過程であるとするものなど、いろいろな考え方がありますが、採用の内定が、労働契約の締結とみられる場合は、比較的に少ないとされています。
 しかし、採用の内定は、労働契約の締結とみられないとしても、内定期間中に、使用者が、いつでも自由に採用を取り消すことができないのは当然であり、使用者が、天災事変その他やむを得ない事由がないのに、採用の内定を取り消すときは、それに対し、内定者は損害賠償の請求をすることができます。
 それでは、どのような場合が採用の内定を取り消しうる事情にあたるかが問題になります。一般的には、採用内定当時知ることができず、また、知ることが期待できないような事実であって、これを理由として採用内定を取り消すことが、内定の趣旨、目的に照らして客観的に合理的と認められ、社会通念上相当として是認することができるものにかぎられると解されています。
 たとえば、使用者と内定者との同の信頼関係を破壊するような事実が内定者において起こったときとか、著しい経済事情の変動があった場合が、これにあたります。
 つぎに、なんら正当な事由がないのに採用内定の取消しがあった場合に、労働契約を締結させることを法律上認めさせることができるかどうかは問題があり、労働契約の展開そのものが、性質上、強制履行を許さないものであるから、労働契約の締結を訴求することができないと解する見解がありますが、採用内定の法律上の性質をどうみるかによって、従業員たる地位の確認を求めることも可能であり、具体的な場合に応じて判断されるべきものと思われます。なお、内定時に労働契約の手続きがすべて終わり、ただ、卒業を単純な条件とした場合には、条件が成就したときに労働契約は完全に効力を生じることは当然であり、採用内定の取消しとは別の問題が生じます。
 なお、最高裁判所は、ある企業に採用の内定した大学の学生が卒業の直前に内定を取り消された事案について、採用の内定によって解約権留保付の労働契約が成立したものであって、社会通念上相当と認められる事由によるほかは、内定を取り消しえないと判断しています。

家計と暮らし
労働条件の最低基準は/ 団体権と団体交渉権の保障/ 採用内定を取消されたときの対策は/ 別居を強いる転勤命令は拒否できないか/ パート社員の解雇は自由にできるか/ 見習い期間中の解雇は自由にできるか/ 一時帰休とはどのような制度をいうのか/ 労働組合へ加入したら本採用を拒否された/ 就任地が変更になったときの身元保証は/ 担当業務が変わったときの保証責任は/ 身元保証人に迷惑がかかる恐れがあるとき/ 無断欠勤で解雇されたが/ 入社の際に経歴を詐称したときは/ 見習工の解雇に予告手当は必要か/ 事業不振で解雇するときの予告手当は/ 労働組合の役員活動をしたら解雇された/ 公務員が免職されたらどうするか/ 倒産会社の未払賃金はどうなるか/ 合同労組員が団体交渉を申し入れてきたら/ 上部団体との団体交渉を拒否しているが/ 有給休暇の買上は認められるか/ 結婚したら退職する旨の契約は有効か/ 生理休暇をとると会社が嫌な顔をする/ 女子の定年が男子より低いのは違法か/

        copyrght(c).家計と暮らし.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー